鉛筆白書(ぷち蔵馬 )

蔵馬「俺を小さくしてどうするつもりなの?!」

飛影「別に。見てみたかった。それだけだ。」

蔵馬「(うぐっ;完全に仕返しだな;)…じゃあもう気は済んだでしょう?元に戻る薬をください。」

飛影「無いぞ。お前が持ってるから時雨にはいらないと言った。」

蔵馬「………。」

飛影「蔵馬?」

蔵馬「ええええ?!」

「困るよ!俺の作ったものと時雨が作ったものじゃ成分が違うんだから!今すぐ時雨に頼んで作ってもらってよ!」





そして、飛影は魔界に電話をしました。

魔界では…。

時雨「躯様、飛影のやつがこう申しておりますが、いかが致しましょう。作るとなると多少お暇を頂くことになりますが…。」

躯「面白そうだから当分無理だと言え。」

時雨「御意。」






飛影「当分無理だそうだ。材料が揃わんらしい。」

蔵馬「そんな!!仕事はどうしたらいいの?」

飛影「フン良い気味だ。元はと言えば貴様があんなイタズラをするからだ。」

蔵馬「俺はちゃんとアフターケアを考えてたでしょう?!貴方の無計画な嫌がらせの方がたちが悪いですよ!」

飛影「知るか。夢幻花でも駆使しろ。」

蔵馬「貴方だって困るでしょ?ご飯とか!」

飛影「困らん。ガキ扱いするな!自分でどうとでもする。」

蔵馬「じゃあ!大人扱いして、あれは!…どう…する…の?

飛影「あれ?」

蔵馬「だ…から…っその…夜とかは…?俺…相手出来ませんよ…?」


飛影「………。」

蔵馬「/////;」

飛影「!!!!そうだった!!!


蔵馬「そこまでの反応されると複雑なんですが…;」



さすがに幼児に手は出せないぞ!
どうする?飛影?!






アホみたいな内容ですんません( ̄▽ ̄;)

そして、載せてから気付いたのですが…一番上の落書き、昨日のと丸かぶりですね;重ね重ねすんませんっ!



にも関わらず、拍手を有難うございます!
温かさが身に染みて幸せでございます(*´∀`*)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞彩

Author:舞彩
名前/舞彩(マイ)
生年月日/19××年2月3日
出身地/一番人口の少ない県
趣味/飛蔵(蔵飛も少々)のお絵描きやお話し作り。カラオケ。冬限定で編み物。ダイエット(悲しすぎる趣味)
好きなモノ/飛影と蔵馬!!
チョコレート。和菓子。メロンパン。カフェオレ。紅茶。通販雑誌(見るだけってやつ)
嫌いなモノ/カメムシ(殺虫剤で死なない恐ろしい虫!)、カエル、シイタケ、グリーンピース
幽白歴/約22年。昔と変わらず(それ以上?)今もこの作品、そして飛影と蔵馬を愛しています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
本日までのお客様
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR