朝の鉛筆白書

前回の深夜の鉛筆白書の続き。(どんだけ気に入ってんだよ私は)



あの後、散々からかわれつつ飛影に押し倒された蔵馬さん。(朝っぱらから?)



飛影から直接的な言葉を貰えたわけでもないし、まして「付き合って」なんて女の子みたいなことを蔵馬も言えるわけもなく…。

でも身体を通してお互いの気持ちはよ~く判って…。

蔵馬さんは今までにない幸せを感じました(*^-^*)

それだけに別れがやっぱり寂しくて、ベッドの上に座ったまま俯いていると…。


「三日後にまた来る」

と、いつも気紛れに来ては「じゃあな」なんて言葉一つだけで立ち去っていた飛影から、初めて『約束』してもらえた蔵馬さん。

飛影が去った後、嬉しくて嬉しくて泣いてしまいましたとさ。


「俺…女々しいなぁ」
なんて幸せそうに呟いて。






なんてな!(^∇^)
朝っぱらからなにやってんだ私は…。




拍手有難うございます~(*^^*)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞彩

Author:舞彩
名前/舞彩(マイ)
生年月日/19××年2月3日
出身地/一番人口の少ない県
趣味/飛蔵(蔵飛も少々)のお絵描きやお話し作り。カラオケ。冬限定で編み物。ダイエット(悲しすぎる趣味)
好きなモノ/飛影と蔵馬!!
チョコレート。和菓子。メロンパン。カフェオレ。紅茶。通販雑誌(見るだけってやつ)
嫌いなモノ/カメムシ(殺虫剤で死なない恐ろしい虫!)、カエル、シイタケ、グリーンピース
幽白歴/約22年。昔と変わらず(それ以上?)今もこの作品、そして飛影と蔵馬を愛しています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
本日までのお客様
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR