深夜の鉛筆白書

久しぶりに蔵馬さんの家を訪ねたら、蔵馬さんは酔いつぶれていました。


まだ想いが通じ合う前のが良いかも(*^^*)


自分は蔵馬さんが気になってたんだけど、蔵馬さんがどう思ってるかまだ判らなくて…。
そんな気持ちのまま来てみたら、いきなり抱きつかれて…。??な飛影。
そして



こんなことを言われ飛影はただただびっくり。そして更に潤んだ瞳で「飛影…会いたかった…。」なんて言われ…。
押し倒したいのをぐっと我慢して、そのまま蔵馬さんを宥めて二人で就寝。蔵馬さんは眠りに付くまで飛影に
「寂しかった」
「会いたかった」
と気持ちを伝えます。


翌朝、飛影に抱きついて寝てる自分に軽いパニックの蔵馬さん。

「貴様、昨日の事覚えてるか?」
「そんなに俺に会いたかったのか?」
「俺に惚れてるのか?」


なーんて飛影のからかい気味の質問攻めに合って、今度こそ飛影に戴かれちゃえばいいね♪




はぁ~楽し(*´∀`*)




からかわれている蔵馬さんの様子が描きたくて…(((^^;)落書き追加。

真っ赤になる蔵馬さんは描いてて楽しい♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞彩

Author:舞彩
名前/舞彩(マイ)
生年月日/19××年2月3日
出身地/一番人口の少ない県
趣味/飛蔵(蔵飛も少々)のお絵描きやお話し作り。カラオケ。冬限定で編み物。ダイエット(悲しすぎる趣味)
好きなモノ/飛影と蔵馬!!
チョコレート。和菓子。メロンパン。カフェオレ。紅茶。通販雑誌(見るだけってやつ)
嫌いなモノ/カメムシ(殺虫剤で死なない恐ろしい虫!)、カエル、シイタケ、グリーンピース
幽白歴/約22年。昔と変わらず(それ以上?)今もこの作品、そして飛影と蔵馬を愛しています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
本日までのお客様
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR